ペアーズアプリって実際どうなの?

ペアーズアプリの口コミ評価

ペアーズ(pairs)は(株)エウレカが提供するFacebook連動型の人気マッチングアプリ。

 

2012年リリースと比較的新しいサービスながら、累計会員数は700万人を突破し、先行する出会い系アプリ達をごぼう抜き。定額制恋活婚活アプリとしては日本最大規模を誇る大手に成長しましたね。

 

今なお1日あたりの新規登録ユーザー3,000人と飛ぶ鳥を落とす勢いが続いていますが、本当に出会えるアプリなんでしょうか?口コミの評判と僕なりの評価を合わせて、ペアーズを本音でレビューします!

 

サクラ・業者・冷やかし事情

0=いない、1=ほぼいない、2=かなり少なめ、3=少なめ、4=やや多め、5=多め

サクラ

業者

冷やかし

0

1

1

ペアーズに登録するには友達10人以上のFacebookアカウントが必須でしたが、2017年11月から電話番号でも登録できるようになりました。

 

となると「不正ユーザー(業者や冷やかし)の登録が増えるんじゃね?」といった懸念もあるかもしれません。でも、その点もちゃんとケアされています。

 

代わりに免許証・パスポート・健康保険証などの公的証明書(身分証)で年齢確認をする際、全情報の開示が必須になりました。

 

特にポイント制出会い系アプリでは生年月日・証明書の名称・証明書の発行元の3カ所以外は隠してOKのところが多く、ペアーズもこの方式でしたが、今は一部でも隠していると審査を通らなくなったんです。

 

年齢だけじゃなく、氏名その他の情報もチェックする「本人確認」もしているんですね。

■本人確認導入で更に健全な環境に!

本人確認をすると身分証の使い回しができないため、今まで以上に業者や冷やかしが侵入しにくい健全な環境になります。

 

現在ではペアーズだけじゃなく、with(ウィズ)ゼクシィ縁結びなども本人確認を取り入れていて、これは人気恋活婚活アプリ全体に共通するトレンドと言えますね。

 

個人情報の悪用を心配する方もいるかもしれませんが大丈夫。ここまで努力して築きあげたPairsブランドを捨ててまで、迷惑メールや迷惑電話でセコい営業をするメリットは運営会社にありません。

 

審査を強化すれば、質の高い真剣モードの利用者が集まりやすくなるので僕的には大歓迎。更にFacebookアカウントがないために利用できなかった人達にも扉が開いたわけで、思いっきりプラスに評価してます。

■ペアーズにサクラはいないの?

ペアーズにサクラはいないんだべか?

そもそも定額制だけに運営者がサクラを使うメリットに乏しく、実際に利用していても、それらしき反応は皆無です。

 

加えて先程も書いたように、Pairsブランドに傷が付くという点からもセコい商売をするメリットはありませんよね。ペアーズにはサクラはいないと断言します。

 

ただ、中にはマルチ業者や悪徳出会い系業者が紛れ込んでしまうケースはあります。が、ここで1つ確認しておきたいことが!

 

業者をサクラと同等に扱っている情報が結構あるんですが、実は全く違います。運営者が雇ったメール要員がサクラ、業者は運営者とは無関係で営業妨害をしている輩です。

 

業者の紛れ込みは、ペアーズに限らず全てのマッチングアプリにおいて完璧に防ぎ切れない課題なんです。

 

でも、業者はプロフィールやメッセージに怪しいサインが現れる(写真がモデル級・女性側からやたら熱心にLINE IDを交換したがる・他サイトに誘導するなど)ので見抜けます。

 

※参考:出会いアプリに紛れ込む業者の手口と対策

 

また、先述のように本人確認を導入したため、今後業者の乱入は更に減るはず。

 

従来型の出会い系アプリに比べると、真面目に彼氏や彼女を探している会員比率が断然高いのは間違いありません。評判通りの優良マッチングアプリと評価してよろしいかと。

ペアーズは友達にバレないのか?

ペアーズ使ってるのって友達にバレない?

Facebookアカウントで登録した場合「フェイスブックの友達にペアーズ使ってるのバレるんじゃね?」と不安に思う方もいるはずです。ご心配なく!

 

Facebook側にはペアーズ情報は一切流れないし、FBの友達同士はペアーズ内の検索結果に表示されない仕組みなので、ドッキリ鉢合わせなんてこともありません。

 

この友達非表示の仕組みのおかげで、従来型のポイント制出会い系アプリよりも、バレる可能性がずっと低くなっているんです。

 

電話番号でも登録できますが、FacebookをやってるならFBで登録した方が友達非表示の恩恵があるので、よりバレにくくなりますよ。

 

ただし、Facebookで友達になっていない異性の知人がペアーズに参加して検索すれば(←同性は出会い系アプリと違って検索できないので心配する必要なし!)、表示される可能性はゼロじゃありません。

 

万が一ペアーズ内で知人を見つけたら即効でブロックするべーし!相手に知られずに、その後はお互い非表示になります。

 

また別途有料(月額1580円〜)でプライベートモードを使えば、自分がいいね!した相手にしかプロフィールが表示されなくなります。身バレの可能性は完璧になくなりますね。

 

ただ、全体にプロフを表示しなければ、誰からもアプローチされないデメリットもあるので、僕的にはそこまでする必要ないと思ってます。特に男性は。

 

対策として本人特定されにくいニックネームにする、Facebookなど他のSNSと同じメイン写真を使わないなどをやっとけば充分かなと。それでも、どうしても気になる方はプライベートモードの導入ですね。

 

ちなみに僕は今のところ、ペアーズで知り合いを発見したことはありませぬ。ココに神経質になりすぎると、マッチングアプリ自体が使えなくなっちゃいますね…(^_^;)

ペアーズアプリの会員の特徴

ペアーズの会員は20代〜30代メイン

男女ともに20代〜30代中心で40代以上は少なめ。2018年6月時点で調査したところ、女性の20代比率は約57%、30代比率は約31%、40代以上は約11%です。

 

従来型のポイント制出会い系アプリの場合、40代〜50代も結構活動しているので、平均年齢低めなのがペアーズ…というよりも今どきの恋活婚活アプリ全般に共通する特徴と言えます。

 

顔写真掲載率はポイント制出会い系アプリよりも断然高く、逆に掲載しないとマッチングしません。

 

このオープンな雰囲気の中で、真剣な恋愛目的の男女がとにかく大勢活動しているのがペアーズの強みですね。

 

更にコミュニティ機能(音楽・映画・ペット・恋愛などなど約9万個以上ものコミュがあります!)の存在によって、同じ趣味や価値観の相手を探しやすいのも◎。

 

公式内の「幸せレポート」には、ペアーズで知り合って交際したカップルはもちろん、入籍・結婚にいたったカップルからの幸せ報告も掲載されています。

 

メインユーザーは恋人探し目的ですが、重すぎないライト婚活にも使える汎用性の高さもペアーズの特徴になっています。

 

当然ながら、法律を守ってちゃんと公安委員会に営業開始届出書を提出した「インターネット異性紹介事業者」

 

年齢確認もしっかりやっているので18歳未満は利用できません。安心して恋人探しに集中できる環境が整ってますよ。

ペアーズに無料で登録する

ペアーズアプリの料金を評価

ペアーズの料金どうなん?

ペアーズは定額制で、男性は登録無料。女性は無料。

 

1ヶ月につき30回いいね!する権利がもらえ、お互いにいいね!を送り合うとマッチングが成立してメール交換を始められる仕組みです。

 

この時、初回メッセージまでは無料会員でも送れますが、2通目からは有料会員になる必要があります。

 

ブラウザ版クレジットカード決済の1ヶ月当たりの料金は次の通り(※実際の支払いはカッコ内に記載した対象期間分の一括払い)。

 

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3980円
(3980円)

2480円
(7440円)

1880円
(11280円)

1380円
(16560円)

 

この料金でメッセージ送り放題、プロフィールも見放題は超良心的。コストを気にすることなく、じっくり恋活できますよ。

 

あとは有料会員になる際、どのプランが良いか迷う方もいると思います。

 

ペアーズ公式では「平均4ヶ月で交際に発展」という会員のデータから、6ヶ月プランをイチオシしてます。僕も3ヶ月か6ヶ月を推奨

 

1ヶ月で交際相手が見つかる人はごく少数派だと思うし、定額制恋活婚活アプリはフレッシュ感を保てる短期決戦がセオリーなので、12ヶ月は逆にちょっと長過ぎかなと。

僕のペアーズ評価まとめ

まとめ

ペアーズ登録前には僕もFacebookの友達にバレないんかい?との不安はあったものの、プライバシー保護についても万全の対策が取られていて、結果心配ありませんでした。

 

口コミ評判通りの健全運営ですが、あえて気になる点を挙げると、20代〜30代がメインで顔写真掲載率も高いため、40代以上だと苦戦しそうな雰囲気ぐらいでしょうか。

 

何と言っても定額制恋活婚活アプリで会員数が最も多く、料金も最安値なのがPairsの魅力であり、真剣な出会い目的のマッチングアプリとしてはコスパ最強。自信を持っておすすめできる優良サービスですね。