タップル誕生アプリって実際どう?

タップル誕生アプリの口コミ評価

タップル誕生はアメブロでお馴染み、サイバーエージェントグループの株式会社マッチングエージェントが運営する出会い系アプリ。

 

企業ブランドの安心感も後押しして急激に会員数を伸ばしていますが、果たして本当に出会えるアプリなんでしょうか?

 

口コミの評判と僕なりの評価を合わせ、タップル誕生を本音レビューします。

 

まず、タップル誕生は従来型のポイント制出会い系アプリと違い、ピュア(真面目な出会い)目的に特化した定額制恋活アプリであり、同じ属性のペアーズ(pairs)とよく比較されます。

 

そのため、特にペアーズに比べてどうなの?という観点で評価していこうと思います。

タップル誕生の仕組みを簡単に

タップル誕生の仕組みは独自色が強いので、最初に簡単に解説しておきますね。

 

僕は一応、Facebook出会い系アプリに分類しましたが友達ゼロのFBアカでも登録できるし、Amebaアカでも登録可能。厳密にはFacebookとシステム上の連携はしてません。

 

そのため、タップル誕生にはペアーズのようにFacebookの友達同士は検索結果に表示されない(=友達に見つかりにくい)仕組みはありません。この点は従来型のポイント制出会い系と一緒ですね。

 

登録後の流れは、まずログインすると毎日20枚のカードがもらえて、1枚につき異性のプロフィールカードを1回見ることができます。最初に趣味や考え方のカテゴリーを選び、その中から相手を探すのも特徴的です。

 

タップル誕生のカテゴリー

 

相手のプロフィールカードにはこんな風に写真と簡単な自己紹介が掲載されていて、カードをタップするとプロフの詳細を閲覧できます。

 

タップル誕生のプロフィールカード

 

で、良さげな相手には「いいかも!」好みじゃない相手には「イマイチ…」を選び(※この作業をフリックという)、いいかも!をもらった側がありがとう!を返すとマッチング成立。メッセージのやり取りが可能になる流れですね。

 

このようにマッチング成立した相手とメッセージ交換できる仕組みはペアーズと一緒なんですが…

 

大きな違いはペアーズがいいね!すると初めて1いいね消費するのに対し、タップルはいいかも!を選ぼうがイマイチを選ぼうが、フリック自体にカードを1枚消費する点。

 

実はこのシステムこそがタップル誕生のマッチング率の高さに大きく影響しています。これだけの説明だと分かりにくいと思うので、後に料金のところで更に詳しく解説します。

タップル誕生の実力を本音で評価

それではタップル誕生を実際に使ってみて、その実力を本音で評価していきます。

サクラ・業者・冷やかし

0=いない、1=ほぼいない、2=かなり少なめ、3=少なめ、4=やや多め、5=多め

サクラ

業者

冷やかし

0

2

2

サイバーエージェントグループというのは、世間的に知られた企業が手掛けるマッチングアプリとして安心感が強いですね。

 

詐欺的な運営は企業イメージを損なうデメリットが大きいだけに、サクラを使わず、出会える仕組みをちゃんと作っています。

 

ただ、タップル誕生の登録条件は緩め。ペアーズの場合は友達10人以上のFacebookアカウントか電話番号が条件ですが、タップルには作りたてのFacebookでも、簡単に量産できるメアド&アメーバIDでも登録できます。

 

年齢確認で身分証の全開示が必要=本人確認になったものの(前は出会い系アプリと同じく名前や住所は伏せてOKだった)、この手軽さがある反面、ペアーズと比較すると業者的反応はどうしても多めですね。

 

また、プロフを作っていない段階で女性から「いいかも!」が結構届く点からも、業者に加えて暇つぶし利用の冷やかしユーザーも多いと感じます。

タップル誕生の会員の特徴

タップル誕生の会員は完全に10代〜20代中心。公式の発表によると、最大のボリュームゾーンは男女ともに21歳で、10代も約19%も占めています。

 

タップル誕生の利用者年齢分布

 

ちなみにペアーズの女性の平均年齢は28歳で、年齢分布は次の通り(2018年8月検索で表示される全国の女性人数を集計)。

 

■ペアーズ女性利用者年齢分布

10代 20代前半 20代後半 30代以上
1.5% 22.4% 34.0% 42.1%

 

比較すれば年齢層の違いは明らかですね。

 

まず、タップル誕生は10代比率が断然高いのが分かります。タップル19.3%に対してペアーズわずか1.5%ですから。

 

また、20代全体としてはタップル62.5%に対してペアーズも56.4%と高いのですが、前半だけで見るとタップル41.2%に対してペアーズは22.4%。

 

ペアーズより10代〜20代前半の比率が圧倒的に高く、平均年齢がかなり低いのがタップル会員の特徴と言えます。

 

この年齢層の低さと写真掲載率も高い(=見た目の影響力も強い)ことから、特に30代後半からのユーザーはかなり厳しい戦いになりますね。

 

加えて、ペアーズより審査が緩いだけに真剣度は低め。ペアーズは恋活だけではなくライト婚活にも使えますが、タップル誕生はもっと気軽な友達〜恋人探し向き。

 

ちょうど従来型の出会い系とFacebook連動型恋活アプリの中間のようなイメージでしょうか。

タップル誕生の料金評価

タップル誕生の料金は定額制で、男性は登録無料。女性は完全無料。

 

アプリの宣伝には「無料の出会い」とありますが、無料会員でできるのはマッチング成立まで。メッセージ交換は有料会員にならないとできません。

 

これは時々見かける「無料と思ったら有料だった」という悪い口コミ評判につながっている気が…。

 

せっかく出会える仕組みを作っているのに、誤解を招くような宣伝文句はもったいないなーと感じます(※追記…現在は「無料の出会い」という表記は消え、ちゃんと「会員登録無料」と書かれています)。

 

タップル誕生ブラウザ版の料金は下記の通り(※実際のお支払いは月額料金×契約月数の一括払いになります)。

 

■タップルの1ヶ月当たり料金

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3,900円

3,300円

2,900円

2,317円

■ペアーズの1ヶ月当たり料金

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3,980円

2,480円

1,880円

1,380円

 

有料会員になるとメッセージは送り放題なので、1ヶ月あたり2,317円〜3,900円という料金設定はとても良心的と評価できます。

 

ただ、ペアーズブラウザ版の1ヶ月あたりの料金と比較すると、1ヶ月プランでは80円安くなりますが、3ヶ月プランで820円、6ヶ月プランで1020円高くなります。

 

また、先述のようにペアーズはいいね!すると、手持ちいいね!を消費しますが、プロフィールは見放題。

 

対して、タップル誕生はいいかも!を選ぼうが、イマイチを選ぼうが、プロフィールカードを見ること自体に手持ちカードを消費します。

 

そのため極端に言えば、全員にいいかも!でも、全員にイマイチでもカード消費量は変わらないわけ。

 

となると、いいかも!を選ぶユーザーが自然に多くなり、いいかも!をもらいやすい仕組み。で、気軽に「ありがとう!」を返すユーザーも多いため、マッチング率自体はペアーズよりかなり高くなっています。

 

これは一見メリットのようですが、女性は大勢の男性とマッチングするわけで、ペアーズとタップルではマッチングの重みが全然違います。

 

ペアーズではマッチングしてメッセージを送ると返信率は高めですが、タップル誕生では返信率低め。マッチング成立してから、もう1段階、選別のハードルがあるってことです。

 

僕の経験上、マッチング率が高いのはタップル誕生ですが、その後、実際のデートにつながる確率の高さではペアーズに分があります。恋人としての交際に発展する確率まで考えるなら、断然ペアーズでしょう。

 

ちなみに毎日20枚のカードをもらえますが、もし足りなくなったら、次のように追加でカードを購入できます。

 

タップル誕生のカード購入料金

 

多くまとめ買いするほど安くなる仕組みで、カード1枚あたり4.7円〜12円。この設定も良心的だと思います。

 

僕の結論はコレだ!

まとめ

タップル誕生は後発の出会い系アプリながら、サイバーエージェントグループの安心感と趣味にフォーカスしたユニークな仕組みでどんどん会員を増やしています。真面目な出会いが見込めるマッチングアプリの1つであることは間違いありません。

 

同じ定額制恋活アプリのPairs(ペアーズ)with(ウィズ)に比べるとユーザーの真剣度は低く、業者も多めですが、それらと従来のポイント制出会い系を足して2で割ったような雰囲気こそタップル誕生の個性。

 

まずは無料で、その個性的な雰囲気が自分に合うか試してみるのも1つだと思います。

 

タップル誕生に無料登録(18禁)