ペアーズの口コミ評判は本当なのか?マルバツ判定!

ペアーズアプリの口コミ評価

ペアーズ(pairs)は(株)エウレカが提供する人気マッチングアプリ。2012年リリースと比較的新しいサービスながら、累計会員数は800万人を突破し、定額制恋活婚活アプリとしては日本最大手に成長しました。

 

今なお1日あたりの新規登録ユーザー3,000人と飛ぶ鳥を落とす勢いが続いていますが、本当に出会えるアプリなんでしょうか?

ポイント

口コミの評判と僕なりの評価を合わせて、ペアーズを本音でレビューします!

ペアーズの悪い評判をマルバツ判定

まずは悪い評判から見てみましょう。1つ1つの細かい口コミを挙げるとキリがないので、特に僕らが登録前に気になる口コミだけに絞って取り上げます。

ライバルが多くて出会えないという男性の口コミ

吹き出し3

△判定。○×といいつつ、いきなりの△判定スイマセン!でも個人差が激しいんで、どうしてもそうなってしまうんですよ…

 

男性の評判として結構見かけますが、僕の直近3ヶ月の実績は352人にいいね!してマッチング49名、実際デートできたのは11名。

 

これ、他と比べても出会いやすい、しかも、かなり出会える部類に入ります。特にマッチング率より、実際に会えている点が大事。

 

やたらマッチングは成立するけど、結局返信がなかったり、メッセージが途絶えたりしてリアルデートまでなかなか届かないアプリも多いですから。

 

マッチングアプリの出会いやすさを見極める重要な指標の1つが男女比。女性比率2割より3割の方が、男性にとって出会いやすいアプリなのは簡単に分かると思います。

 

実際に検索で表示される男女比を集計すると、ペアーズの女性比率は29.6%。ライバルのOmiaiの28.3%より多いんですよ。with(ウィズ)の34.6%にはかないませんけどね。

 

ただしペアーズの場合、会員数がとにかく多いので、人気女性には更にいいねが集中する傾向があり、そんなライバルが多い相手を狙えば当然、マッチング率は下がるし、なかなか出会えませぬ。

 

 

一方でOmiaiは女性の人気度によって、消費するいいね数が1〜10まで変わる仕組み(※ここ、勘違いしてる情報も多いのですが、女性から男性に対しては全て1です)。

 

大人気女性には10いいね消費とか、鬼のようなシステムなんですが、その分ライバルは減ります。そのため、人気女性を狙うならOmiaiの方が競争率は低い傾向はあります。

 

でもOmiaiの場合、人気女性に行く分のいいねが全体に分散するわけで、平均的な女性の競争率はペアーズより高いんですよ。そこが盲点。

 

僕は自分と釣り合う身分相応の子狙いだし、ペアーズの方がカジュアルな雰囲気があり、デートに行き着くハードルもOmiaiより低め。そのため、僕的にはペアーズの方が多くの人数と出会いやすいと感じています。

 

ここはどの人気レベルの女性を狙うかによって、感じ方に個人差が出てくるんです。そこで△判定にしました。

 

サクラや業者が多いという男性の口コミ

吹き出し4

×判定。これは思いっきり間違い。サクラは使ってないし、業者もゼロとは言いませんが、めちゃめちゃ少ないですよ。

サクラとはサービスの運営者が雇ったヤラセ会員のこと。女性会員が集まらない怪しい出会い系は、サクラを使って男性のメール相手をさせないと運営できません。

 

でも、ペアーズはそんなヤラセは一切やってません。今や健全な恋活アプリの代名詞的存在で、毎日大勢の女性が登録してきます。サクラを使う必要なんてないんですよ。

 

ただし、業者はどんなマッチングアプリにも紛れ込みます。

 

業者をサクラと同じように扱った情報が結構あるんですが、実は全く違います。業者は運営者とは無関係で営業妨害をしている輩ですから。

 

定額制の恋活婚活アプリに紛れ込むのは、主にネットワークビジネス(マルチ)や宗教などの勧誘業者ですね。その数が多いか少ないかだけです。

 

 

ペアーズでは2017年11月から、年齢確認の際に公的証明書(身分証)の氏名も確認する「本人確認」が必須になりました。それまでは氏名などは隠してOKだったんですけどね。

 

ペアーズの本人確認

 

今、本人確認は定額制の恋活婚活アプリでは当たり前の審査になっていますが、ペアーズの場合も、このおかげで業者が格段に紛れ込みにくくなりました。

 

それでも完全駆除はできませんが、少なくとも僕は会ったことないし、怪しげな輩は本当に少なくなってますよ。

 

というわけで、時々見かける「ペアーズにサクラがいた」という評判は、業者をサクラと勘違いしている可能性が超濃厚ですね。

 

「いいねしても全然反応ねーし!サクラしかいねーよ!」という口コミも、全くの間違い。

 

どんなマッチングアプリでも、いいねすれば、必ずありがとうが返ってくるはずもなく、空振りの方が圧倒的に多いのが普通です。相手だって、こちらを見極めてますから。

 

むしろ、何でも反応があるのは業者が多いってことですよ。業者がとにかく獲物を探してるわけで…。

 

「マッチングしたのに返事がない!サクラかよ!」という口コミも同様に間違い。女性は何人かの男性とマッチングしているのが普通で、そこから更にフルイにかける子もいますから。

 

これまた業者が多いところほど、返信率は異様に高くなります。

 

この件について、もっと詳しく知りたい方は後半のサクラ・業者事情を更に詳しく解説をご覧下さいませ。

 

ヤリモクがいるという女性の口コミ

吹き出し5

○判定。一部ヤリモク男子はいます。これは大なり小なり全てのマッチングアプリに言えることですけどね。

大多数は真面目な交際目的ですが、中には体だけが目的の人もいます。

 

 

独身と偽って登録する既婚者もいるようです。これは独身証明書を提出する仕組みがある婚活アプリでもない限り、防ぎきれません。いや、その婚活アプリでさえ証明書提出は任意なので、完全には防げないんですよ。

 

遊ばれたという女性の泣きの声はどうしてもなくなりませんね。

 

ただ、ポイント制出会い系はもちろん、タップルやTinderのような軽いノリのアプリに比べると、ヤリモクの数は圧倒的に少ないのは間違いありません。

 

 

また、詳しくはペアーズ会員の特徴に書いたように、公式の意識調査だと90%の男性が結婚を意識しているというデータも。

 

僕の感覚だとそこまで多いか?という気はしますが、真剣に彼女を探している男子が圧倒的多数派なのは間違いないかと。

 

ペアーズの良い評判をマルバツ判定

それでは、続いて良い評判を見てきます。これは色々なところで見ると思うので、少し簡単に行きます。

ペアーズで出会えたという口コミ

セリフ

○判定。間違いなし。恋活色が強いアプリですが、いい人がいれば結婚というライト婚活ユーザーも沢山います。

とにかく早く結婚したいなら、ゼクシィ縁結びなどのガチな婚活アプリの方が近道ですが、ペアーズの場合、彼氏彼女探しから、いい人がいれば結婚というライト婚活ユーザーまでが幅広く活動してます。

 

特に真剣に恋活している女性が多いという評判は多いですね。

 

 

Twitterで「ペアーズ婚」というキーワードで検索してみて下さい。実際に結婚した人達の声や友達が結婚したという人達の声が沢山見つかりますよ。

 

 

ペアーズ婚という言葉がネット婚の代名詞として、今までネット恋活&婚活に関心のなかった人達にまで普通に広がってます。

 

これは他のマッチングアプリにはない現象ですよ。Omiai婚やタップル婚とかって、まず聞かないですし。いや、リアルな「お見合い」婚はもちろん聞きますけどね、念のため(^_^;)

 

コスパがいいという口コミ

吹き出し2

○判定。激しく賛同。リアルの街コン、合コン、婚活パーティーとの比較ではもちろん、他のマッチングアプリと比べても料金安いですよ。

街コン・合コン・婚活パーティーに1回参加すれば、もうペアーズの月当たり料金をオーバーします。

 

 

いいね!をもらうコツをつかんでくれば、更にコスパ良くなります。何百もの多すぎるいいね数は必要ないですが、男なら20を越えてくると、マッチング率も上がってきますよ。

 

 

コスパについては女性も良い評価をしている人が多いですね。ま、なんせ無料ですし、僕らからすればウラヤマシイ限り。そりゃコスパいいでしょうよって感じです(^_^;)

 

 

他のマッチングアプリの料金と比較してどうなのかについては、後半のペアーズ料金評価のコーナーで詳しく解説します。

 

同じ趣味のパートナーを見つけやすいという口コミ

セリフ

○判定。そう思います!定額制マッチングアプリで最初にコミュニティ機能を取り入れた元祖がペアーズですからね。

ペアーズには同じ趣味や価値感の人達が参加するコミュニティという機能があります。今や多くのマッチングアプリに似た仕組みがありますが、なんせ元祖だけに、その数は膨大で現在9万個以上。

 

ペアーズのコミュニティ

 

コミュニティに参加すれば簡単に同じ趣味の相手が見つかるし、逆に他の参加メンバーからアプローチされるので、趣味の合う人とマッチングしやすいんですよね。

 

 

かなーりマニアックなコミュニティもあり、参加するところが1つもないという人はまずいないはず。ちなみに、自分でコミュを作ることもできます。

 

 

公式のデータによると、高いマッチング率を誇る人気会員の平均参加コミュニティ数は20個とのこと。

 

多く入れば入るほど、共通点を持つ異性が増え、表示される「相性度」の数値も上がりやすいですからね。

 

ペアーズの相性度と共通のコミュニティ数

 

ただし、多すぎるのも狙いが見え見えでダメだし、自分の理想の異性から見て悪い印象になりそうなコミュニティへの参加もNG(※ギャンブル系とか)。

 

僕は22個のコミュに参加してますが、ちゃんと相手目線も考えながら選んで、20〜30個程度に登録するのが適当だと思います。

 

趣味だけじゃなく「年下彼氏×年下彼女」とか「年の差なんて気にしない」とか、こだわりの恋愛系コミュに参加するのもオススメですよ。

 

田舎でも人がそこそこいるという口コミ

セリフ

○判定。これはペアーズの強みの1つ。他の恋活婚活アプリに比べると、圧倒的な規模の会員数ですからね。

人の少ない地方にお住まいなら、まずはペアーズで決まりでしょう。アクティブ会員数が他より断然多いですから。

 

 

ただーし!ペアーズでも厳しいところもあるみたいです(^_^;)

 

 

ただ、ココでダメなら他はもっと厳しいですよ…。エリアによっては、複数のマッチングアプリとリアル恋活を併用する必要もありそうですね。

 

サクラ・業者事情を更に詳しく解説

ここまででペアーズってどんなサービスなのか、およそイメージがつかめたんじゃないかと思います。

 

ここからは登録前に気になることについて、僕の評価を更に詳しくまとめていきます。

 

0=いない、1=ほぼいない、2=かなり少なめ、3=少なめ、4=やや多め、5=多め

サクラ

業者

冷やかし

0

1

1

 

ペアーズに登録するには友達10人以上のFacebookアカウントが必須でしたが、2017年11月から電話番号でも登録できるようになりました。

 

となると「不正ユーザー(業者や冷やかし)の登録が増えるんじゃね?」といった懸念があるかもしれません。でも、その点もちゃんとケアされています。

 

かわりに免許証・パスポート・健康保険証などの公的証明書で年齢確認をする際、氏名も含む全情報の開示=本人確認が必須になりました。

 

ポイント制出会い系の場合、生年月日・証明書の名称・証明書の発行元の3カ所以外は隠してOKで、ペアーズもこの方式でしたが、今は一部でも隠すと審査を通らなくなったんです。

 

本人確認導入で更に健全な環境に!

本人確認をすると身分証の使い回しができないため、今まで以上に業者が侵入しにくい健全な環境になります。

 

早くから導入していたOmiaiに続きペアーズ、更にwithやゼクシィ縁結びなどでも必須になり、もはや本人確認は定額制恋活婚活アプリの人気どころでは当たり前になってますね。

 

個人情報の悪用が心配かもしれませんが大丈夫。ここまで築きあげたPairsブランドを捨ててまで、迷惑メールや迷惑電話でセコい営業をするメリットは運営会社にありません。

 

審査を強化すれば、質の高い真剣モードの利用者が集まりやすくなるので僕的には大歓迎。更にFacebookアカウントがないために利用できなかった人達にも扉が開いたわけで、思いっきりプラスに評価してます。

 

ペアーズにサクラはいない!でも業者の知識は必要

ペアーズにサクラはいないんだべか?

そもそも定額制だけに運営者がサクラを使うメリットに乏しく、実際に利用していても、それらしき反応は皆無です。

 

加えて先程も書いたように、Pairsブランドに傷が付くという点からもセコい商売をするメリットはありませんよね。ペアーズにはサクラはいないと断言します。

 

ただ、口コミの○×判定コーナーで見たように、マルチや宗教の勧誘業者が紛れ込むことはあります。

 

業者の紛れ込みは、ペアーズに限らず全てのマッチングアプリにおいて完璧に防ぎ切れない課題なんです。

 

でも、業者はプロフィールやメッセージに怪しいサインが現れる(写真がモデル級・女性側からやたら熱心にLINE IDを交換したがる・他サイトに誘導するなど)ので見抜けます。

 

また、本人確認を導入してからは、ほとんど業者っぽい反応の人を見かけなくなった気がします。やっぱり効果大きいんですね。

 

ちなみに、ペアーズは業者対策にAIを活用しているそう。

 

カスタマーケア部門の責任者を務める安信竜馬執行役員は、AIを活用した「業者対策」もPairsの強みだと強調する。

 

業者とは、個人情報の取得や他社サービスへの誘導を目的とした悪質なアカウントを指す。エウレカは過去の情報を基に、業者の自己紹介文の書き方やプロフィール画像のデータを収集し、AIで分析している。結果を基に、不審なアカウントが登録された際に運営側にアラートを発し、早期発見につなげる狙いだ。

引用:ITmediaビジネスオンライン

 

何やらスゴそうです。今後業者は更に減るんじゃないでしょうか。

 

いずれにしても、ペアーズは真面目に彼氏や彼女を探している会員比率が断然高いのは間違いありません。優良マッチングアプリと評価してよろしいかと。

ペアーズは本当に友達にバレない?

ペアーズ使ってるのって友達にバレない?

まず、Facebookアカウントで登録した場合「フェイスブックの友達にペアーズ使ってるのバレるんじゃね?」と不安に思う方もいるはずです。ご安心を!

 

Facebook側にはペアーズ情報は一切流れないし、FBの友達同士はペアーズ内の検索結果に表示されない仕組みなので、ドッキリ鉢合わせなんてこともありません。

 

この友達非表示の仕組みのおかげで、従来型のポイント制出会い系アプリよりも、バレる可能性がずっと低くなっているんです。

 

電話番号(SMS認証認証)でも登録できますが、FacebookをやってるならFBで登録した方が友達非表示の恩恵があるので、よりバレにくくなりますよ

 

ただし、Facebookで友達になっていない異性の知人がペアーズに参加して検索すれば(←同性は検索できないので心配する必要なし!)、表示される可能性はゼロじゃありません。電話番号登録した異性の知人も同様ですね。

 

万が一ペアーズ内で知り合いを見つけたら即効でブロックするべーし!相手に知られずに、その後はお互い非表示になります。

 

また別途有料(1ヶ月プランで月額2480円)のプライベートモードを使えば、「自分がいいねした相手」と「マッチングした相手」にしかプロフィールが表示されなくなります。身バレの可能性は完璧になくなりますよ。

 

ただ、全体にプロフを公開しなければ、誰からもアプローチされない(足あとも付かない)デメリットもあるので、僕的にはそこまでする必要ないと思ってます。特に男性は。

 

できるだけFacebookで登録する、本人特定されにくいニックネームにする、FB・ツイッター・インスタなどのSNSと同じ写真を使わないなどの対策をやっとけば充分かと。

 

ちなみに僕は今のところ、ペアーズで知り合いを発見したことはありませぬ。ココに神経質になりすぎると、マッチングアプリ自体が使えなくなっちゃいますね…(^_^;)

ペアーズ会員の特徴は?他と比較

まずは直近で拾った全国の女性の年齢別構成比は次の通り。男性はプラス3歳ぐらいを目安に見ておけばOKです。

 

特徴が分かりやすいよう、比較対象として、年齢層低めの恋活アプリ「with」と、年齢層高めの婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」を並べておきます。

 

■女性会員年齢別構成比

ペアーズ with 縁結び
10代1.7%
20前22.6%
20後33.6%
30前20.5%
30後10.3%
40〜11.3%
10代2.4%
20前30.6%
20後34.3%
30前17.1%
30後8.6%
40〜7.0%
10代0.8%
20前11.6%
20前27.8%
30前29.3%
30後17.1%
40〜13.4%

 

ペアーズの会員は20代〜30代メイン

全ての恋活婚活アプリで、20代〜30代がメインユーザーなのは変わらないんですが、こうして比べてみると傾向が分かりますね。

 

ペアーズは特に20代後半から30代のユーザーが多いのが特徴。年齢層はwithほど若くはなく、縁結びほどは高くない中間です。

 

ちなみに顔写真掲載率は非常に高く、恋人探しアプリ3強のペアーズ・Omiai・withの中だと、ペアーズが最も美人やイケメンが多いという評判も見かけますね。

 

ま、僕的は正直、あまり差を感じないし、これは主観によるところが大きいので参考程度ですが(^_^;)

 

恋活〜ライト婚活目的がメインユーザー

ペアーズ公式の結婚意識調査によると、女性会員のうち「良い人がいればしたい」が75.2%「2〜3年のうちに」が13.2%。このいわゆる「ライト婚活」目的で88.4%を占めています。

 

「すぐにでもしたい」というガチな婚活目的の4.7%を合わせると93.1%。

 

ペアーズの結婚に対する意識調査

 

男性も同じように90%が結婚を意識しているとのこと。僕のイメージよりもちょっと多いですけどね。

 

婚活アプリのグループで語られることもありますが「今すぐ結婚したい」というガチな婚活目的の人は少なく、かといってタップルのように将来を考えずに彼氏彼女探すアプリとも違う。

 

ある程度将来を考えられる恋人が欲しい、真面目に恋愛したいという恋活〜ライト婚活目的がメインユーザーです。

 

実際「ペアーズ婚」という言葉もあるぐらいで、Twitterでも結婚ツイートの数は人気マッチングアプリの中で一番多いですね。

 

恋人探しに他のマッチングアプリをすすめている情報もありますが、僕的には普通に、絶対外せない王道のサービスだと思ってます。

 

当然ながら、法律を守ってちゃんと公安委員会に営業開始届出書を提出した「インターネット異性紹介事業者」

 

年齢確認もしっかりやっているので18歳未満は利用できません。安心して恋人探しに集中できる環境が整ってますよ。

ペアーズの料金を他と比較して評価

ペアーズの料金どうなん?

ペアーズの料金体系は定額制課金で、男性は登録無料。女性は無料。

 

1ヶ月につき30回いいね!する権利がもらえ、お互いにいいね!を送り合うとマッチングが成立してメール交換を始められる仕組みです。

 

この時、初回メッセージまでは無料会員でも送れますが、2通目からは有料会員になる必要があります。ここまでは多くの恋活アプリと一緒ですね。

 

ペアーズの料金は本当に安いのかが一番気になるところだと思いますが、人気マッチングアプリの月額料金は次の通り。

 

支払い方法にはクレジットカード決済とアプリ内課金(Apple ID決済・GooglePlay決済)がありますが、最も安いクレジットカード決済の料金を比較してみますね(※実際の支払いは契約期間分の一括払い)。

 

■人気マッチングアプリ料金比較
一番安い 二番目に安い

アプリ名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月

ペアーズ

3,980

2,480

1,880

1,380

with

3,400

2,600

2,300

1,800

縁結び

4,298

3,888

3,564

2,592

Omiai

3,980

3,320

1,990

1,950

ユーブライド

3,980

2,970

2,320

マッチコム

3,980

2,793

2,467

1,750

恋結び

3,480

2,997

2,755

1,980

タップル

3,900

3,300

2,900

2,317

マッチブック

3,980

3,660

2,996

2,415

 

実際には無料で送れるいいね数が多い少ないやオプション内容などにも違いがあるため、単純に月額料金だけを比べて「ペアーズが一番安いよー」と断定するのも乱暴かもしれません。

 

でも、それらを考慮しても業界最安値レベルなのは間違いなく、この料金でメッセージ送り放題、プロフィールも見放題ならコスパは高く評価できますね。

 

有料会員プランは3ヶ月が一押し

あとは有料会員になる際、どのプランが良いか迷う方もいると思います。

 

ペアーズ公式では「平均4ヶ月で交際に発展」という会員のデータから、6ヶ月プランをイチオシしてます。

 

僕は基本3ヶ月が一押し、人の多いエリアに住んでいるのを前提に余裕をもって恋活したいなら6ヶ月を推奨ですね。

 

一方で初めてペアーズに登録して1ヶ月で交際相手が見つかる人はごく少数派だと思うし、定額制恋活婚活アプリはフレッシュ感を保てる短期決戦がセオリーなので、12ヶ月は逆に長過ぎかなと。

ペアーズの僕の評価まとめっす!

まとめ

ペアーズは20代〜30代の恋活〜ライト婚活目的向けのマッチングアプリ。

 

とにかく圧倒的なアクティブ会員数で、毎日次々に新しい会員が登録してくる活気は他のマッチングアプリにはないものがありますよ。

 

ライバルが多いという口コミがありつつも、ちゃんと相手を選べば、最も出会いやすくコスパに優れたサービスだと思います。恋人探しアプリとしては、僕的に一押し評価ですね。

 

ペアーズに無料で登録する

ペアーズ攻略情報記事一覧

ペアーズの料金体系を知る!

ペアーズで課金する場面は次の5つです。有料会員になる(男性)プレミアムオプションを利用(男性)レディースオプションを利用(女性)プライベートモードを利用(男女)Pairsポイン...

ペアーズの利用がバレない方法まとめ

ペアーズで恋人を見つけたい!でも友達には知られたくない!実際ペアーズって身バレしないの?バレずに使う方法はないの?この記事ではそんな不安や疑問にお答えします。これを読めば、ペア...

ペアーズの業者見抜いたり!

ペアーズにはサクラはいませんが、業者が紛れ込むことはあります。この点は「ペアーズの良い評判と悪い評判マルバツ判定」に詳しく書いた通り。サクラと業者の違いを簡単に復習すると、サク...

ペアーズのコミュニティを使いこなす!

ペアーズのコミュニティは趣味や価値感を共有できる相手を簡単に探し出せる機能であり、同時にプロフィール内でプラスαのアピールが可能な機能でもあります。ペアーズ公式の調査では、コミ...