ゼクシィ縁結びを本音レビュー!

ゼクシィ縁結びアプリの本音レビュー

ゼクシィ縁結びはリクルートグループの株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する定額制出会いアプリ。

 

リクルートマーケティングパートナーズと言えば、結婚情報「ゼクシィ」の他、車情報「カーセンサー」や学び情報「ケイコとマナブ」などのメディアも手がける超メジャー企業ですね。

 

やはり誰もが知るゼクシィブランドのマッチングサービスだけに期待が大きく膨らみますが、実際ちゃんと出会えるのでしょうか?僕が使ってみた本音の評価とネット上の口コミ評判をまとめてレビューします!

 

ゼクシィ縁結びの主な特徴は?

ゼクシィ縁結びは男女ともに同額料金の有料サービス。それだけに女性無料の出会いアプリに比べて女性側の真剣度が高く、更に実際の出会いに結びつくよう運営の配慮が行き届いた、ガチな婚活アプリというのが率直な感想です。

 

スマートフォンで使えるという意味でアプリと書いてますが、厳密にはスマホにダウンロードするアプリ版はなく、スマホやPCでウェブの公式サイトにアクセス&ログインするブラウザ版のみのサービスです。

 

いいね!でマッチングするとメッセージ交換ができる仕組みはハヤリのFacebook連動型恋活アプリと一緒ですが、ゼクシィ縁結びならではの特徴的な機能をまとめると主に次の3つ。

 

1.価値観診断&価値観マッチ

18の質問に答えると「芯の強い人情家タイプ」「自由気ままなマイワールドタイプ(←僕はコレ…)」などなど、13のタイプに性格分類されます。で、毎日自分のタイプに合った異性を4人紹介してくれるのが『価値観マッチ』機能。

 

コレ、ゼクシィ利用者6,000人を対象に、幸せな結婚生活を送っているカップルの特徴を分析して導き出した相性診断らしいです。かなり説得力がありますね。

2.お見合いオファー

お見合いオファーを出して、相手が受けてくれるとゼクシィ縁結びのお見合いコンシェルジュがデートの日程と待ち合わせ場所の調整を代行してくれる機能。日本初の画期的な仕組みです。

 

僕もそうでしたが、ネット恋活に慣れない頃ってメール交換をしながら、デートに誘うきっかけ作りに悩む男性が多いはず。

 

でも、お見合いオファーを使えばボタンを押すだけだし、相手もこの機能の存在を知っているだけに唐突な感じにならないのがいいですね。更に女性側もLINE IDや携帯電話番号などの連絡先を教える必要もないので安心感が強いと思います。

 

ただーし!まだロクにやり取りしていない段階で焦ってオファーを繰り出しても普通、女性は受け付けてくれません。ある程度コミュニケーションを深めて信頼されてからというタイミングは、自分で直接誘う時と一緒です。

 

また一応、出会いアプリ歴の長い僕的には自分で調整してしまう方が手っ取り早くて楽に感じます。使うか使わないかは人それぞれだと思いますが、仕組み自体は素晴らしいんじゃないかと。

3.婚活成功保証プラン

これはゼクシィ縁結びが元祖ではなく、他の恋活婚活アプリでも見かけるサービス。有料プラン契約更新時に満足できなかった場合、無料で6ヶ月(6ヶ月プランの場合)もしくは12ヶ月(12ヶ月プランの場合)延長できる制度です。

 

ただし適用には毎月30人以上にいいねする、プラン契約後1週間以内にプロフィールを完成させて審査を通すなど、諸々の条件があります。でも要は真面目に婚活してねって話なんで難しくないはず。詳細は契約時に必ず確認して下さいね。

 

が、マッチングアプリは1つのサービスでダラダラ長くやり過ぎても良くないので、保証プランを利用したいなら6ヶ月がおすすめです。

ゼクシィ縁結び会員の特徴と質

男女とも真剣度が高いのは女性も有料なことに加えて、「ゼクシィ」が持つイメージも間違いなく影響していると思います。やはり恋人探しというより、完全に結婚を意識した交際相手を探すための婚活アプリですね。

 

他のマッチングアプリと違って自分が写真を掲載しないと一部の異性の写真しか見られないシステムも、ガチな婚活サービスとしてはいいんじゃないでしょうか。

 

年齢層は20代後半〜30代の比率が高く、20代〜30代前半が厚いペアーズなどの恋活アプリよりもやや高め。40代も多く活動しています。

 

ただ、同じ婚活系のマッチ・ドットコムとの比較ではやや低め。マッチの方は30代40代比率が高いですから。ゼクシィブランドの洗練されたイメージが、婚活を考える年代の中でも若い層を多めに取り込んでいるのではないかと。

 

ゼクシィ縁結びでは卒業証明書と収入証明書を提出すると、プロフィールの各種証明書欄にアイコンが表示されますが、この証明書提示のシステムはマッチ・ドットコム同様。やはり婚活アプリですからね。

 

年収を盛る男性が多いのはマッチングアプリあるあるで、女性側も疑っている人が結構多かったりします。ですから特に高学歴・高収入男子は絶対に証明書でアピールしておくべきです。

 

念のため触れておくと、ゼクシィ縁結びは信頼できるリクルートホールディングスのグループですから、運営がサクラを使って会員を騙すようなセコい商売はやってません。

 

また、Facebookアカウントだけではなくメールアドレスでも登録可能で、メアドで登録と言うと業者が紛れ込むんじゃないの?と心配する方もいるかもしれません。でもゼクシィ縁結びは女性側も有料だけにその点もほぼ問題なし。

 

もちろん運営も365日24時間体制のパトロールと会員からの通報機能によって、業者などの悪質なユーザーをビシッと取り締まっています。規約違反者を退会の刑に処すのは他の優良出会いアプリと一緒ですね。

 

当然、法律を遵守した「インターネット異性紹介事業者」であり、運転免許証・パスポート・健康保険証のいずれかで年齢確認をしていて18歳未満は利用できません。更に出会い系アプリとは違い名前提示も必須で本人確認もしています。

 

このように会員の質は極めて高く、安心安全に婚活に集中できる環境が整っていますね。ココは言うことなしでしょう。

↓公式サイトを見る↓
ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びの料金を評価

ゼクシィ縁結びは定額課金制で男女とも同料金。クレジットカード決済が必須です。1ヶ月当たりの料金(税抜)は下記の通り(※カッコ内の料金は実際に支払う一括払いの金額)。

 

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3980円
(3980円)

3600円
(10800円)

3300円
(19800円)

2400円
(28800円)

参考:他の定額制1ヶ月当たり料金(単位:円)

アプリ名 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月

ペアーズ

3,480

2,480

1,980

1,480

with

2,800

2,600

2,300

1,800

マッチドットコム

3,980

2,793

2,467

1,750

 

他に僕がおすすめしている定額制恋活婚活アプリと料金だけ単純比較すると若干高めに感じますが、ペアーズやwithの場合、毎月回復するいいね数は30。ゼクシィ縁結びの場合は有料会員になると60です(※ただし無料会員は30)。

 

更に1日1回ログインボーナスとして5いいね手に入るのもライバル達と比較すると多く、お見合いオファーなどの独自サポート機能など、サービス内容まで考え合わせると、実質高いとは感じません。

 

ゼクシィ縁結びに限らずですが、これでメール送り放題、プロフィール見放題ですから、最近の定額制恋活婚活アプリは良心的ですよね。

 

ちなみに縁結びには紹介割引制度があり、友達がキャンペーンコードを入力して有料会員になると、友達と自分が共に支払い総額から2,149円割引になります。紹介された側も紹介した側もお得なわけ。

 

僕のコードは「irurdp」になりますので、もし良かったらお使い下さいませ。お前が割引になるのはイヤだという方も、有料会員になる時は必ず誰かのキャンペーンコードをゲットして入力して下さい。せっかくの割引制度、使わないともったいないですからね。

↓公式サイトを見る↓
ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び評判と僕の見解

ココからはゼクシィ縁結びの口コミ調査から主な評判をピックアップして、僕なりの見解を書いておきます。

良い評判1:結婚できました!

実際、結婚相手探しに絞ったアプリとしては、会員の質・システム・料金を考えるとゼクシィ縁結びが最強なんじゃないかと思います。ただ、もう少し気軽に恋愛したいという人には重たいと感じると思います。

 

結果として結婚というゴールはあっても、まずはもう少し気楽に彼女や彼氏を作りたいという感じならペアーズやwithといった恋活色が強いアプリが最適かと。

良い評判2:サポートが手厚い!

これもレビューしてきた通り、僕もそう思います。特にお見合いオファーなどは一番分かりやすい例かもしれません。

 

マッチ・ドットコムも婚活色が強いサービスですが、あちらはいかにも外国製っぽい粗さが…(^_^;)その点ゼクシィ縁結びは日本製のきめ細かいサポートが高評価ですね。

 

また、いいねでマッチングする仕組みなど、最近のFacebook連動型恋活アプリのシステムもうまく取り入れたサービスになっていると思います。

良い評判3:友達から紹介された!

ゼクシィ縁結びを始めたきっかけとして本当に多く見かけたのが「婚活に悩んでいたら友達から紹介された」というもの。これって他のマッチングサービスにはない傾向ですね。自分で見つけて内緒で活動しているというのが普通ですから。

 

理由の1つには料金評価に書いた「紹介割引制度」の存在がありますが、もう1つにはやっぱり友達にオープンにしても恥ずかしくないという「ゼクシィ」ブランドの健全なイメージが背景にあるんじゃないでしょうか。

悪い評判1:アプリがないのが残念!

確かにゼクシィ縁結びのサービス提供はブラウザ版だけ。一般的にアプリ版の方がスマホでの操作性に優れているので、アプリを要望する声にも一理あると思います。

 

ただ、一方で出会いサービスのアプリ版はAppleやGoogleへの中間マージンが発生するため、知らずにアプリ内課金で決済してしまうと料金が割高になるデメリットがあります。

 

その点、ゼクシィ縁結びのブラウザ版一本というのは分かりやすいと思います。また、ブラウザ版のデキも良いのでスマホで操作していて特別ストレスは感じません。それよりも実際に理想の相手と出会えるサービスかどうかが大事ですよね。

悪い評判2:会員数が少ない!

実際に女性会員が少ない地域があります。例えば山梨県で絞り込み条件を一切設定せずに検索しても女性はわずか382人。一方、Facebook恋活アプリ最大の会員数を誇るペアーズだと2,195人。ゼクシィ縁結びの約6倍です(※2017/12時点)。

 

山梨県の女性は382人でしたが、これに「プロフィール写真あり」をONにして検索すると120人に減ります。更に年齢「30歳以上」で絞り込むと62人しかいません。ヘタすると1日で全員のプロフィールを見終わってしまいます(^_^;)

 

世の中の大半のマッチングアプリは女性無料。それだけに女性有料のサービスにはどうしても女性会員が集まりにくくなりますよね。その代わり、参加している女性は本気度が高いわけですが…。

 

東京都などの巨大人口を抱える地域は問題ありませんが、人の少ない地方ではどうしても候補が少ないと思います。これがゼクシィ縁結び最大の弱点。無料会員でも検索できるので、有料会員になる前に自分の居住地の状況を確認して下さい。

 

もし人が少なければ、対象の都道府県を広げて相手を見つけるか、複数のマッチングアプリを併用するか、もしくはゼクシィ縁結びをあきらめて他のマッチングアプリを利用するかの3択になりますね。

ゼクシィ縁結び総合評価

 

総括

ゼクシィ縁結びは出会いやすさ・会員の真剣度・料金を総合的に見て、婚活アプリとしてかなり優秀。結婚相談所に登録するよりも遙かに気楽で、コストも安く済みます。目的を結婚相手探しに絞っている方には僕的に一押しのサービスですね。

 

ただ、居住地によっては女性会員の数に物足りなさを感じるケースも。ゼクシィブランドは知っていても、縁結びの存在はまだまだ広くは認知されていないと思うので、今後のリクルートの宣伝パワーに期待したいところですね。

 

ゼクシィ縁結びに無料登録する