withって実際どう?ペアーズと比較

withアプリの口コミ評価

with(ウィズ)は東証マザーズ上場企業の株式会社イグニスが運営するFacebook恋活アプリ。あのメンタリストDaiGoさん監修と聞くと安心感は大きいですが、実際のところ本当に出会えるアプリなんでしょうか?

 

口コミの評判と僕の使用感を合わせて、withアプリを本音レビューします。特にマッチングアプリ業界の現王者ペアーズと比較しながら、どこが同じでどこが違うのかを分かりやすく解説していきますよー。

 

withの基本的な仕組みを簡単解説

ウィズアプリの仕組み

基本的な仕組みはペアーズとほぼ一緒。知ってるよという方は、withならではの3つの仕組みとは?に飛んじゃって下さい。

 

まず、毎月30回分のいいね!が補給されます。で、気になる相手にいいねを送り、送られた側がありがとう!を返せばマッチングが成立。その相手とメッセージ交換できる流れですね。

 

マッチング成立までは無料会員でいけますが、男性は有料会員になると2通目以降のメッセージが送り放題になります(女性は完全無料)。

 

共通の趣味を持つパートナーを探すのに便利なのは「好み」機能。

 

これはペアーズでいう「コミュニティ」に当たる機能で、自分の趣味の好みカードを登録しておくと、こちらからも相手からも同じ趣味を持つ相手を見つけやすくなります。

 

マッチングアプリwithの好み機能

 

また、以前は登録に友達が10人以上いるFacebookアカウントが必須でしたが、2018年7月からはペアーズと同じく電話番号(SMS認証)でも登録可能になりました。

 

Facebookで登録すると、知り合いにバレるんじゃないかと不安かもしれません。でもwith内で検索してもFBの友達同士はお互い表示されない仕組みなので、逆にバレにくいメリットがありますよ。

withならではの3つの仕組みとは?

単純にペアーズをマネただけのマッチングアプリも結構ある中で、withはちゃんとオリジナルのコンテンツやサービスを持っています。

 

ゲームアプリ開発で東証マザーズに上場した(株)イグニスだけあり、さすがに抜かりなく作り込んでいるなーという印象です。特筆すべきは次の3つ。

 

  1. DaiGo氏監修の診断コンテンツ
  2. 月間最大530人に無料でいいねできる
  3. 1ヶ月無料キャンペーンあり!

 

順に解説していきますよ。

 

1.DaiGo氏監修の診断コンテンツ

withの目玉と言えば、やぱりメンタリストDaigoさんが監修した数々の診断コンテンツですね。

 

 

登録して最初にやるのが性格分析。10個の質問に答えると、ビッグファイブなる心理学の理論に基づいた診断が行われ、相性の良いタイプの相手を紹介してくれるコンテンツです。

 

ちなみに僕は「探求者タイプ」だそうで、分析を読むと結構当たってる気が…(^_^;)

 

withの性格分析

 

また、次のような診断イベントが次々に実施され、分析結果に基づいて相性の良い異性をピックアップしてくれるのが独自の個性になっています。

 

withのキャンペーン

 

更にイベント期間中は相性が良いと診断された異性に毎日10人無料でいいねできる(メッセージ付きも無料!)特典付き。コレはペアーズにはない太っ腹イベントなので必ず参加するべし!

 

加えて、ペアーズやOmiaiのプロフィールに%で表示されている「相性度」や「マッチ度」って数字の根拠がイマイチ分からないところがありますが…

 

withではシンプルにプロフに記入した項目などから「共通点の数」とその内容が表示されます。単純な僕にはwithの方が直感的に分かりやすいと感じます。

 

withのプロフィール

 

全体として、マッチングアプリ初心者にも親切な作りで、楽しみながら恋人を探せる仕掛けがwithの特徴になってますね。

 

後に詳しく触れますが、ペアーズやOmiaiに比べて女性比率が高い(=男性がマッチングしやすい!)理由も、DaiGoさん人気だけじゃなく、この分かりやすさと楽しさにもあるような気がします。

 

さすが女性の心理をつかんだDaiGoさん監修とも思えるし、数々のスマッシュヒットアプリを生み出しているイグニスの企画力の成果と言えるかもしれませんね。

2.月間最大530人に無料でいいねできる

僕のおすすめ恋人探しアプリBEST3のペアーズ、with、Omiaiの中でも、無料で送れるいいね数が圧倒的に多いのがwith。

 

 

withでは先程の診断イベントに全て参加すれば、1日10人×30日で最大月間300人にメッセージ付きいいねを送れます。

 

加えて、アプリ版の「本日のオススメ女性」で1日5人の相手が紹介されるので月間最大150人。

 

もう1つ、アプリ版には3日連続ログインで5ポイントもらえるログインボーナスがあるので、ちゃんと毎日ログインすると、最大50回分のいいね!になります。

 

更に毎月補給される30いいねも足すと、月間最大530人に無料でいいねできるんですよね。このおかげで、withでいいねが足りなくなることって、まずないはず。少なくとも僕の場合はないです。

3.1ヶ月無料キャンペーンあり!

withでは有料会員プランを1ヶ月無料でお試し体験できるキャンペーンをやってます。これもペアーズやOmiaiはじめ、他のマッチングアプリでは見かけたことのない男前企画ですね。

 

ただし1つだけ注意しないといけないことが…。登録する時のページによって、1ヶ月無料キャンペーンが付く場合と付かない場合があるんです。

 

withの1ヶ月無料キャンペーン

 

左がキャンペーン付き、右がキャンペーンなし。違い分かりますよね。

 

左のように「1ヶ月\0」のマークが付いているページから登録しないとダメなんです。アプリを直接ダウンロードして登録した場合もキャンペーンは付きません。

 

もちろん当サイト内の登録ページには全て、この1ヶ月\0マークが付いているのでご安心を!

 

でも、withがこのキャンペーンをいつまで続けるかは僕にも分かりません。突然やめてしまう可能性もなきにしもあらず。早めのお試しがよろしいかと。

電話番号(SMS認証)で登録する方法

ただ、基本の仕組みのところで「電話番号でも登録できる」と書いたんですが、1ヶ月\0マーク付きの登録ページには電話番号で登録するボタンがありません。

 

大丈夫!次の手順で進めば電話番号で登録できます。迷わず「Facebookで登録する」ボタンをタップし、次に「後で」をタップするのがポイントですね。

 

withの電話番号登録手順1

 

すると「Facebookをお持ちでない方」のボタンが設置された登録ページが表示されます。その先は画面の指示通りSMS認証を済ませるだけです。

 

withの電話番号登録手順2

 

ただし、電話番号登録の場合も1ヶ月無料キャンペーンが適用されるかは、僕も確認取れてません。申し訳ないです…。

 

withは単にペアーズやOmiaiのフォロワーではなく、ユーザーの使いやすさを独自に追求したマッチングアプリになっていると思います。ココは高評価ですね。

withのサクラ・業者・冷やかし事情

0=いない、1=ほぼいない、2=かなり少なめ、3=少なめ、4=やや多め、5=多め

サクラ

業者

冷やかし

0

1

1

メールを1通送るごとに料金がかかるポイント制と違って、有料会員になるとメッセージ送り放題の定額制なので、運営にサクラを使うメリットはありません。

 

そもそもwithを運営するイグニスは信頼性の高い東証マザーズ上場企業だし、メンタリストDaiGoさんの名も出しているわけで、不正をしてブランドを傷付けるデメリットの方が遙かに大きいですからね。

 

実際、プロフィールをちゃんと書いて顔写真も掲載しないと、いいねは来ないし、こっちからいいねしても、ありがとう!は返ってきません。ガチです。

 

ちなみにプロフや写真がテキトーなのに、女性からガンガンアプローチされる出会い系アプリはサクラを使っている証拠なので、騙されちゃダメですよ。

 

更にwithは年齢確認だけではなく、氏名も確認する本人確認も行っているため、業者や冷やかしの紛れ込みも極めて少ないと感じます。

 

withの本人確認

 

真面目な出会いに最適な環境がしっかり作られていると思います。この点はペアーズとほぼ互角で文句なしでしょう。

withアプリの会員の特徴は?

ウィズは若い会員が多くて恋活向きっす♪

会員の年齢層は男女とも20代〜30代前半がメイン。同じFacebook連動型恋活アプリのペアーズやOmiaiと比較すると、更に20代比率が高いのが特徴です。

 

ちなみに現時点で検索に表示される女性会員のうち、20代比率はペアーズが56.4%、withは64.5%

 

20代後半以降になるとライトな婚活目的のユーザーもいますが、基本は彼女彼氏作りに向いた恋活色の強いアプリと言えます(←もちろん交際して将来的に結婚というゴールはありえますけどね)。

 

また、全会員に占める女性比率は35.2%と、ペアーズの29.2%、Omiaiの28.1%に比べてかなり優秀。会員数が充分な人口の多いエリアでは、男性にとって競争が穏やかでマッチングしやすい環境があるんです。これもwithの強みですね。

 

一方で最近は知名度も高まり、会員数も右肩上がりですが、現在、検索で表示される会員数は男女計で約71万人。ペアーズの約310万人に比べると、まだまだ規模が小さいのが弱点。

 

人口の少ない地方エリアだと、異性の人数にもの足りなさを感じるかも。これが今後のwith最大の課題だと思います。

ウィズに無料で登録する

マッチングアプリwithの料金評価

課金方法は定額制で、男性は登録無料。女性は完全無料。ブラウザ版のクレジットカード決済の料金は下記の通りです。

 

■withアプリの1ヶ月当たり料金

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3400円

2600円

2300円

1800円

 

比較対象として、同じFacebook恋活アプリのペアーズとOmiaiの料金を載せておきます。

 

■ペアーズの1ヶ月当たり料金

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3980円

2480円

1880円

1380円

■Omiaiの1ヶ月当たり料金

1ヶ月

3ヶ月

6ヶ月

12ヶ月

3980円

3320円

1990円

1950円

 

1ヶ月プランならwithの方が安いものの、複数月まとめ払いはペアーズに軍配。

 

ただ、withには全ての診断イベントに参加すると月間最大300人に無料で「メッセージ付き」いいねを送れるというペアーズやOmiaiにはない太っ腹サービスがあるだけに、コスパは互角以上かと。

 

いずれにしても、この料金でプロフィール見放題、メッセージ送り放題なら、極めて良心的な料金設定と評価できますね。

 

有料プランは3ヶ月で決まり!ですが…

有料会員になる時に悩むのが「何ヶ月プランにすればいいのか?」ですね。

 

まず、1ヶ月無料キャンペーンをやっているうちは、迷わず1ヶ月プランからでしょう。

 

ただ、いつまで続けるかは僕も分からないので、万が一キャンペーンが終わってしまったら、考え方は次の通り。

 

1ヶ月更新は料金が高くなるし、複数月は一括払いなので一時的な出費が大きい。更に複数月の場合、途中で彼女ができて退会しても返金はありません。

 

というわけで、僕のおすすめはwithの規模なら3ヶ月で決まり!

 

…なんですが、withの場合、6ヶ月以上のプランに恋活成功保証プランが付くんですよね。

 

ガチな結婚相手探しのアプリでは定番とも言える保証制度ですが、恋活メインのマッチングアプリとしては珍しいです。ペアーズやOmiaiにもありません。

 

マッチングアプリwithの恋活成功保証プラン

 

これはwith公式の言葉を借りれば「有料プラン期間中に特別な方と巡り会えなかった場合」適用条件を満たせば、6ヶ月プランなら3ヶ月、12ヶ月プランなら6ヶ月、無償で延長してくれる保証です。適用条件は次の通り。

 

withの恋活成功保証適用条件

 

真面目に活動していれば、難しい条件ではないと思います。ただ、6ヶ月間、期間限定イベント全てに参加するのだけは忘れてしまいそうな気も(^_^;)

 

僕のおすすめは、やはり3ヶ月プランで変わりません。大都市圏で会員数が充分にいる、将来も見据えたライトな婚活が目的という2つの条件が揃っているなら検討するのもアリかなという感じですね。

 

でも、使うかどうかは別として、保証制度を用意していること自体、ヒジョーに良心的だと思います。

僕のウィズ評価まとめ

まとめ

ペアーズの劣化版のようなFacebook出会い系アプリが生まれては消えていく中、with(ウィズ)はメンタリストDaiGoさん監修の診断コンテンツを筆頭に、オリジナル機能もしっかり備えた期待の新星。

 

特に20代〜30代前半の恋人探しに自信を持っておすすめします。

 

中でも相性の良い相手を見つけやすいよう様々な工夫がされている点(診断イベントなど)、無料いいねが多い点、男女比がペアーズやOmiaiより整っている点が僕的に高評価です。

 

一方で、最大の課題はやはり会員数増。現状、地域によっては女性の会員数が物足りないところもあります。1ヶ月無料キャンペーンを利用して、実際に確かめてみるのが一番ですね。

 

最近は評判も浸透してきたし、電話番号でも登録できるようになったため、今後も右肩上がりで会員数が増えていくのは間違いないかと。更なる飛躍に期待です。